風邪 対処法

風邪をひいたときの対処法

風邪をひいたときの対処法

 

これから寒い冬がやってきます。


それと同時に風邪やインフルエンザといった病気の問題も増えてしまう季節です。

 

風邪をひかないようにとうがいや手洗い、
バランスのとれた食事、睡眠などなど予防をしていてもなぜかひいてしまうものです。

 

ではもしも風邪をひいたらどうすればいいのでしょうか。

 

風邪をひくと発熱が伴います。

 

昔は熱が高くなるとすぐに注射という対処法でしたが、
今の医学では、発熱はウイルスの活性化を抑制するために
必要なものであるという見方が強いです。

 

ですから、熱の元になる部分を治す薬を処方します。

 

解熱剤も効果がありますが、
39度を超えてしまうとあまり飲んでも効果がありません。
下がってもせいぜい1度くらいでしょう。

 

解熱剤がきれればまた熱は上がってきます。
ですから熱が上がりきるのを待つということも一つの方法です。

 

あとは水分補給。
少し糖分が入ったスポーツ飲料がいいでしょう。

 

汗をかいたらしっかり水分補給をしてください。

 

他には生姜湯を飲んで体を温める。

あついお茶に梅干しを入れて飲む。
とにかくあたたかくして発汗させて熱を飛ばす。

 

我が家ではこの方法でいつも風邪を吹っ飛ばしています。

 

まずは風邪をひかないように手洗いうがいの徹底や
規則正しい生活を送ることが大切です。

 

-----PR-----

車買い取り

 

花粉症予防策

 

近年、花粉症の症状を訴える人が急増しています。
年によっては花粉が大量に飛ぶこともあり、
毎年春ごろになると悩む人が多いようです。

 

花粉症の症状としては、
目のかゆみ・くしゃみ・鼻水・鼻づまり・頭痛・のどの痛みなどがあります。

 

改善策としては鼻炎薬を飲む人も多いようですが、
鼻炎薬は眠くなる成分が入っているため、
仕事をしている人や学生にとっては難しいところです。

ですから、そんな人は点鼻薬をしてしのぐ人もいます。

 

でも、今は花粉症グッズも進化しいろいろなタイプのものが販売されています。
鼻のまわりに塗りイオンで花粉をブロックするものや、
透明のクリップのようなものを、鼻の中に入れるもの、
マスクもかなりの確率で花粉をシャットアウトするものなどが出ています。

 

花粉症の症状が出るまでの対策法もあります。
医療機関に通い、予防注射を打つ方法や早めの投薬、手術をする方法、
早い段階から花粉症に効果がある健康茶を飲む方法などの
花粉症の症状を軽減する方法です。

 

手術というと少し身構えてしまいますから、
まずは早めの医療機関にかかることです。

 

自然の力で治したい人は
甜茶やニンジン茶が効果があるといわれています。

また、花粉を家に持ち込まないように外から帰ったら服についた花粉をはらう。
自宅では空気清浄器を付けて花粉症を取る。
鼻をぬるま湯で洗う。
こんな方法もあります。


コンテンツ一覧